You are here:HOME PAGE>製品>LRT
LRT™

LRT™

LRT™

最大限の品質でコンテンツを配信するのは、放送者やコンテンツ・クリエーターにとって最も重要です。そこで頼りになるのがLRTです。

 

LiveU独自の Reliable Transport プロトコル (LRT™) は、LiveUが最大限の映像パフォーマンスを遂げるための中心となっている技術です。LRT™ は、 保障されていないIPネットワーク上でも信頼性があり、低遅延のライブビデオストリームを可能とし、セルラー通信を含む不安定なネットワーク上でも安定した送信を提供します。僻地からでも、エキサイティングなライブコンテンツを得ることができます。

 

LRT 報告書

Packet Numbering

パケットオーダリング

LRTは、複数のパケットを使うことで、順番を示す番号が付加されたパケットを送信する際にパケットを番号順に並べ直すリオーダリング方法です。パケットオーダリングは、(往々にして当初とは違った順番で)データが受信される際のネットワークを統合において必須となります。

Save

Save

Forward Error Correction 01

送信エラー修正

送信エラー修正(Forward Error Correction – FEC)は、失われたデータをいち早くリカバリーするためのオーバーヘッドをストリームに追加します。LRTは、監視されたネットワークの状態に応じて自動的にFECパラメーターを多様化させます。

Save

Save

Save

Save

Resend

認識と再送信

LRTは、数多くの受信したパケットを認識することが可能です。もし届かなかったパケットがあれば、ストリームエンジンに知らせ、必要なデータを再送信できます。同時に多くのパケットを認識することで、LRTは少ないオーバーヘッド、そして低遅延を実現します。UDPと違い、LRTはすべてのフィードバックループをお知らせするので、ユーザーはデータが正しく受信されたか知ることが可能です。

Save

Save

Save

Save

ABR

統合適応ビットレート

回線容量が変化すると、LRTは自動的にそれを認識し、ビデオエンコーダに知らせます。そこで、ビデオのビットレートが調整され、可能なかぎりの回線容量の中で最適なストリーム配信を持続させます。

Save

Save

Save

Save